スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | -

プリンの作り方 3

レッドカーペットを歩くにいさんさて、プリン作りの続きです。
そもそもなぜ150人前ものプリンを作ろうと思ったかというと、実はMOメンバーであるにいさんを驚かすためだったのです。

にいさんは以前から時折、「プリンだったらいくらでも、際限なく食べれる」と豪語していました。そうです大のプリン好きなのです。

そこで、3月末でにいさんは勤続3周年を迎えたので、これを祝うために、お腹いっぱい食べられるプリンを用意しました。

それでは、丸1日冷やしておいたプリンをさっそくバケツから取り出してみましょう。

20KG近い巨大プリンはさすがに重い20KG近い巨大プリンだけあって、さすがに重いです。










         ↓
なんとかひっくり返しますなんとかひっくり返していきます。










         ↓
さあバケツを外してみましょうさあバケツを外してみましょう。
緊張してきます。









         ↓
プリンの姿が見えてきましたぷよーんとプリンの姿が見えてきました。










         ↓
なんとか崩れずにプリンが全容を現しましたなんとか崩れずにぷるぷるのプリンが全容を現しました。









         
大きさが大きさだけに、型崩れしないように寒天を入れたのですが、よく混ぜたはずの寒天が沈殿してツートンカラーのプリンが出来上がりました。
とりあえず、プリンがぐちゃっとつぶれるという最悪の事態は避けることができました。

主賓のにいさんがシロップをかけていきますおいしそうな巨大プリンです










主賓のにいさんがシロップをかけていきます。
美味しそうですね。

一気にガブッとにいさん、ここは一気にお玉でガブッといきます。
豪快な食べっぷりです。
「めっちゃうまいで〜」とにいさんの口から大阪弁が飛び出します。

ですが、
いくらでも食べれると豪語していたはずのにいさんですが、やはりプリンが好きとは言っても限度があるようで1.5キロくらい食べたところでリタイア。




みんなでプリンを分けて食べました一度ではやはり食べ切れませんでした








残ったプリンはメンバーみんなで分けていただきました。
上の部分は純粋なプリンなのですが、下の方はくずきりのプリン版といった食感です。下は下で美味しく、上が好きな者もいれば、下の方が好きという者もいましたね。

とまあ、にいさんの勤続3周年をプリンで祝ってみました。
にいさん曰く「次はプリンのプールたのむで〜」とのこと。
いつの日かにいさんをプリンのプールで泳がせてあげたいものです。


The Third (MO第三世代ブログ)
BPOで世界が「フラット」に 
BPO 協業という名のもとのパートナーシップ

結局一度ではこの巨大プリン食べ切れませんでした。
物を粗末にしてはいけないので、当分主食はこの余ったプリンでいくしかないですね。

虎ノ門オフィスより
MLOS | 日本 | 16:52 | comments(0) | trackbacks(2)

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | 16:52 | - | -

コメント

トラックバック

この記事のトラックバックURL : http://mlos.jugem.jp/trackback/760

抽選でプレゼントが当たる!

母の日のプレゼントは決まりましたか?当社が日頃の感謝の気持ちを込めて素敵な商品を無料にてプレゼントいたします。

From 母の日のプレゼント決まりましたか @ 2008/04/21 6:59 PM

-

管理者の承認待ちトラックバックです。

From - @ 2008/04/22 3:49 AM