スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | -

ビジネスマンなら −BPOの旅−

今回の旅にて、MLOSはゴリに「ビジネスマンなら靴底がすり減るまで歩け!」と命じたことから、革靴を履いたゴリは自転車だったり、自分の足でだったりとベトナムの大地を踏みしめてきました。

※MLOSはナイキのスポーツシューズを着用

そして、数日前から怪しくなっていたゴリの靴底が、とうとう最終日に片方剥がれてしまいました。
まさにビジネスマンの鏡です。

とうとう剥がれたゴリの靴底会社では負担しないので、来月のお給料で新しい靴を購入してください。
ゴリはきっと新しい靴でこれから新たな土地を踏みしめ、様々な出会いがあることでしょう。
お客様に感謝されるため、これからも、「ビジネスマンなら靴底がすり減るまで歩け!


他にも色々と投稿したい内容があるのですが、今回のBPOの旅はそろそろここらへんで終わりにしたいと思います。
次回のBPOの旅はMLOS一人旅?それとも?


起業家ブログ人気blogランキング
みなさんの力を合わせて成功しましょう
株主・スタッフにハワイのコンドミニアムを
1000人の中国人プログラマー
BPOで世界が「フラット」に

ノイバイ空港より
MLOS | BPOの旅 | 01:11 | comments(0) | trackbacks(3)

ゴリーズ ブートキャンプ IN HANOI 最終日 −BPOの旅−

気合を入れるゴリー10日間に渡って続けてきましたゴリーズ ブートキャンプですが、とうとう今日で最終日です。
MLOSもなんとかゴリー教官の激しいブートキャンプに食らいつき、今日までやってきました。
ちょっとマッスル化してる気がします。


早朝のホアンキエム湖周辺を散策する外国人旅行者(特に西洋人)に連日、写真を撮られたりもしましたが、地元のベトナム人の顔見知りも増えてきました。

ここ最近のゴリはパンツ一丁で頑張っています。
ホアンキエム湖のほとりでブートキャンプに励むゴリーホアンキエム湖のほとりでブートキャンプに励むゴリーホアンキエム湖のほとりでブートキャンプに励むゴリーホアンキエム湖のほとりでブートキャンプに励むゴリー









ホアンキエム湖のほとりではちょっとした有名人のゴリー。
もちろん最後は仲間達と一緒に「ビクトリー!」
ゴリーと仲間達仲間達も本日が最終日と知ると、ゴリーとの別れを惜しんでいます。
そうです、短い時間とはいえ、友情が芽生えているのです。
ゴリーの目も潤んでいます。




仲間達よ、また会う日まで、Xin tạm biệt(シン タム ビエッ)。


起業家ブログ人気blogランキング
みなさんの力を合わせて成功しましょう
株主・スタッフにハワイのコンドミニアムを
髪の毛まで伸ばせるようになったゴリー1000人の中国人プログラマー
BPOで世界が「フラット」に
そして、最後にすごい技を見せてくれました。
キャンプの成果か、髪の毛まで伸ばせるように。
ゴリーすごい!

旧市街のカフェより
MLOS | BPOの旅 | 12:15 | comments(0) | trackbacks(0)

ベトナム語教室 −BPOの旅−

ベトナム語を教わるMLOS今日はベトナム語についてです。

現在のベトナム北部は、秦代より中国の支配地域であり、中国の華南までを含んだ諸民族を百越と呼びましたが、その一部族キン族が現在のベトナム人の祖先です。
よって、ベトナム語は中国語と漢字文化の影響を強く受けています。

ベトナム語の大半が漢越語と呼ばれ、漢字での表現が可能です。

例えば、ベトナム(Việt Nam)を漢字で書けば、中国語と同じ「越南」、ハノイ(Hà Nội)は「河内」となります。

フランスの植民地化以降は漢字表記からクォックグー(Quốc ngữ)と呼ばれるローマ字表記が用いられるようになりました。

ベトナムと並び百越の一部であった現在の広東省の方言、広東語とベトナム語はかなり発音が似ています。

和やかな雰囲気でベトナム語勉強中というわけで、中国語学習者には比較的学習しやすそうなベトナム語ですが、折角ベトナムに来たのだからと、MLOS達もパートナー会社の方のご好意で、ベトナム語のレッスンをしていただきました。

広東語同様、日本語にはない発音がけっこうあります。

広東語を勉強されたことがある方なら、比較的とっつきやすいと思います。

早速、街に出て習ったベトナム語が通じるか試してみたところ、簡単な言葉ですが、なんとか通じると嬉しいものです。

それではみなさん
Xin tạm biệt(シン タム ビエッ ―さようなら―)


起業家ブログ人気blogランキング
みなさんの力を合わせて成功しましょう
株主・スタッフにハワイのコンドミニアムを
1000人の中国人プログラマー
BPOで世界が「フラット」に

のび太達にバイクに乗せてもらい、ホアンキエム湖にあるタンロン水上人形シアターで1000年前から上演されているベトナムの伝統芸能、水上人形劇を鑑賞してきました。
のび太とバイクに乗るゴリタンロン水上人形シアターの水上人形劇








ハノイより
MLOS | BPOの旅 | 23:40 | comments(0) | trackbacks(4)

完全アウェー −BPOの旅−

アジアカップ予選Bグループ第3戦 日本V.S.ベトナムは地元ベトナムが出場する試合とあって、チケットの入手が困難でしたが、なんとかパートナー会社の協力の元、チケットを確保しミー・ディン・ナショナルスタジアム(My Dinh National Stadium)にて観戦してきました。

ベトナム人の方から「ベトナム人はサッカーに対して熱狂的なので、会場では注意して下さいね」「日本が勝ったら、簡単にはスタジアムから出られないかもしれませんよ」等と気になる助言をいただいていたので、今回は地味に観戦です。

ミー・ディン・ナショナルスタジアム周辺は試合前から完全にベトナムサポーターで真っ赤に埋め尽くされていました。
ミー・ディン・ナショナルスタジアムに続々と集まるベトナム人サポーターミー・ディン・ナショナルスタジアム周辺









バックスタンド2階席での観戦でしたが、右を見ても左を見てもベトナム人サポーターだらけです。
真っ赤なベトナム人サポーター日本人サポーターはこの試合、ほんの僅かしかスタジアム入りしていないようです。
恐らく、チケットの手配が困難であるということも影響しているのではないでしょうか。

ちょっと面白かったのは、時間にルーズなのか試合開始時間になってもスタジアムは7割程度の入場者数でしたが、試合開始後15分くらい経つとやっと満席状態に。

MLOSの座席の近辺に日本人サポーターは見つからず、今までに体験したことがないほどの完全アウェー状態です。
完全なアウェー状態熱狂的なベトナム人サポーター









ベトナムが先制点を入れた時はベトナムサポーターが大爆発!
その後、日本が追いつき、逆転し、点差を広げると、後半はヤケクソ気味な応援が繰り広げられます。
大声援を送るベトナム人サポータースタジアムから眺めた日本V.S.ベトナム








後半はスタンドの上の方から下の方へめがけ、あちこちからビニール袋に入れた水を投げつけるサポーターもいて、様々なものが飛び交っていました。

4対1と日本勝利で試合終了後、他会場オマーンV.S.UAE戦の結果から、ベトナムの予選突破が決まると、静まり返っていた4万人のベトナム人サポータが、息を吹き返したように大騒ぎし出しました。


スタジアムから旧市街に戻ってみると、数千人のベトナム人サポーターがバイクに乗りながら真っ赤な国旗を振り回し、旧市街をパレードしています。
バイクで旧市街をパレードして廻るベトナム人サポーターバイクで3人乗りで国旗を振りかざすベトナム人サポーター








まさに圧巻の風景です。
この時ばかりは、警察も見て見ぬふりです。

ベトナム人のエネルギーを目の当たりにし、鳥肌が立つほどの興奮につつまれます。
完全アウェーな状況のなか、貴重な経験ができました。


起業家ブログ人気blogランキング
みなさんの力を合わせて成功しましょう
株主・スタッフにハワイのコンドミニアムを
1000人の中国人プログラマー
BPOで世界が「フラット」に

クラクションに鳴り止まない旧市街より
MLOS | BPOの旅 | 02:27 | comments(0) | trackbacks(0)

念のため −BPOの旅−

もしかすると、
「ボクとゴリがベトナムで遊んでいるんじゃないのか?」
「アジアカップを見にいくためにハノイに行ったんじゃないのか?」
と思われる方もおられるかもしれませんので、念のためにお仕事風景も載せておきましょう。

パートナー会社の役員の前でプレゼンするゴリパートナー会社の役員の前でプレゼンをするゴリ。
堂々としたものです。

長時間に及び、侃侃諤々と意見交換をします。




パートナー候補先を訪問新規のパートナー候補を開拓するために、ハノイ市内を西へ東へとタイトなスケジュールの中、駆け回っています。







夜はホテルにネット環境がないので、野外で無線LANが飛んでいるポイントを探し出し、暗闇の中メールチェックです。
深夜野外で作業するゴリ(フラッシュ撮影)深夜野外で作業するゴリ(フラッシュ未使用撮影)








↑フラッシュ使用撮影              ↑フラッシュ未使用撮影

ゴリーズ ブートキャンプに参加する仲間達それと、早朝のゴリーズ ブートキャンプも継続中です。
マニュアルには隔日でトレーニングするメニューが組まれていましたが、教官ゴリーは毎朝7時からのトレーニングを休ませてはくれません。
その結果か、少しづつベトナム人の仲間も増えてきました。

ハノイに来てから、本当に健康的な日々を過ごしています。


起業家ブログ人気blogランキング
みなさんの力を合わせて成功しましょう
株主・スタッフにハワイのコンドミニアムを
1000人の中国人プログラマー
BPOで世界が「フラット」に

ハノイ旧市街より
MLOS | BPOの旅 | 18:39 | comments(2) | trackbacks(1)

アジアカップ UAE戦 −BPOの旅−

ミー・ディン・ナショナルスタジアムにたたずむMLOSアジアカップ予選Bグループ第2戦 日本V.S.UAEを観戦にミー・ディン・ナショナルスタジアム(My Dinh National Stadium)に行ってまいりました。

初戦のカタール戦はバックスタンド2階席での観戦でしたが、なんとUAE戦はバックスタンド1階席最前列での観戦です。

チケットを手配していただいたパートナー会社さんに感謝、感謝です。

カタール戦と比較すると日本人サポーターの数が倍増しています。日本からの応援ツアーで来られている方も多数おられるようでした。
応援に駆けつけた日本人サポーター君が代を歌うゴリ








まっすぐにスタンドを見つめ、「君が代」を歌うゴリ。
何を考えてるのかまたもや忍者スタイルです。

バックスタンド最前列は傾斜がない分ほとんどグラウンドと同じ高さです。
上から眺めるようなアングルではありませんが、距離が近い分、選手の一挙手一投足がよく見えます。選手同士の声もよく聞こえてきます。
日本代表の真剣勝負がこんな身近で見れるなんて、最高です。

ハーフタイムも厳しい視線を投げかけるゴリ前半で高原選手2得点、中村俊輔選手1得点と勝負あったという感じでしたが、ハーフタイム中も「油断するな!」と言わんばかりに厳しい視線をグラウンドに投げかけるゴリ。






試合の方は後半1点取られましたが、3-1と快勝し、さあ、今夜はビアホイ(Bia Hoi)で乾杯です。
試合終了後、目の前まで日本代表の選手達がサポーターへの挨拶に来てくれました。
のび太とゴリサポーターに挨拶する日本代表









ビアホイとは庶民の集うベトナム版ビアガーデンといったオープンエアーのスペースです。そこでは同じくビアホイと呼ばれる樽詰めの業務用生ビールに氷を入れて昼夜問わず、ベトナム人が大きな声で談笑しながらビールを飲んでいます。
ハノイのビアホイ氷入りのビアホイで乾杯するのび太とゴリ









残念ながらMLOSはアルコールが体質に合わないので、ベトナムティーで乾杯!


起業家ブログ人気blogランキング
みなさんの力を合わせて成功しましょう
株主・スタッフにハワイのコンドミニアムを
1000人の中国人プログラマー
BPOで世界が「フラット」に

バイマウ湖沿いのビアホイより
MLOS | BPOの旅 | 23:12 | comments(0) | trackbacks(6)

アジアデビュー −BPOの旅−

ミー・ディン・ナショナルスタジアム前このブログを以前から見られている方なら、MLOSがサッカー好きなことをご存知の方も多いと思います。
今回のハノイ滞在中、偶然にもアジアカップが開催されており、ハノイにあるミー・ディン・ナショナルスタジアム(My Dinh National Stadium)にて日本代表が属しているBグループの予選試合を観戦してきました。

あるパートナー会社の社長さんから日本V.S.カタール、日本V.S.UAE、日本V.S.ベトナムのチケットをプレゼントいただいたので、ゴリ、パートナー会社のベトナム人のび太と共に観戦です。

まずはカタール戦ですが、日本人サポーターも駆けつけていたとはいえ、予想通りスタジアム全体としてはガラガラです。
がらがらのミー・ディン・ナショナルスタジアム日本人サポーター








日本代表のユニフォームはもちろんブルーですが、何を勘違いしたのか、ゴリは青い忍者の格好でスタジアム入りです。
勘違いして忍者ルックのゴリゴリとじゃれあうのび太








ゴリとじゃれあうのび太ですが、こう見えてもハノイ工科大学出身のエリートで、IPOを目指すITベンチャー企業の若き役員です。

試合前からスタジアムではかなり浮いていたゴリですが、地元メディアに目をつけられインタビューを受けることに。
しかも、ベトナムでは唯一の全国ネット局ベトナムテレビです。
ベトナムテレビの取材を受けるゴリ調子に乗って「日本優勝宣言」をするゴリ








のび太通訳の元、調子にのってあれこれと答えるゴリ、「日本優勝宣言」まで飛び出します。

この晩、のび太の友人からのび太の携帯に「ベトナム放送に出てたよ」と電話がかかっててきました。
どうやらゴリのインタビューはベトナム全土でオンエアされたようです。
ベトナムテレビのインターネット放送サイトでもインタビューの模様が確認できました。

http://www.vtc.com.vn/vod/pages/playMedia.aspx?mediaId=527#GIUA
↑「XEM TOAN BO」というオレンジ色のボタンを押すと放送が始まります。
ゴリが出演しているのは8分16秒〜8分52秒あたりです。

無念のドローにうなだれるゴリ肝心の試合の方はご存知の通り、1対1のドロー。
うなだれ、無念さをかみ締めるゴリ。

試合の結果は完勝できず残念でしたが、とりあえずゴリがアジアデビューを飾ることができました。
BPOの旅ベトナム編はまだまだ続きます。


起業家ブログ人気blogランキング
みなさんの力を合わせて成功しましょう
株主・スタッフにハワイのコンドミニアムを
1000人の中国人プログラマー
BPOで世界が「フラット」に

寝苦しい暑さのハノイより
MLOS | BPOの旅 | 23:10 | comments(0) | trackbacks(14)

寄り道 −BPOの旅−

ハノイの床屋さんパートナー企業を訪問するためにハノイの街中を自転車で移動していたところ、すこし時間に余裕があったので、寄り道してみました。

そろそろ髪が伸びてきて、散髪をしたいとゴリが言っていたので、入り口のドアのないローカル美容室にて散髪に挑戦です。



髪型を指定するゴリ言葉がほとんど通じないので、お店の中にあった雑誌の表紙を飾っていた俳優(?)さんを指差して髪型を指定します。
なんとか通じたようで、慣れた手つきのスタイリストさんがサクサクとゴリの髪を切っていきます。




カットをしてもらうゴリ気持ち良さそうに髪を洗ってもらうゴリ








けっこう、いい感じにカットしてもらっているように見えます。
ついでにMLOSも髪の毛を洗ってもらいました。

髪を切りスッキリした印象のゴリ出来上がりはこの通り。
以前よりも大分スッキリしましたね。

さあ、気分も新たに次のパートナー先へとまたべダルを漕ぎ出します。




起業家ブログ人気blogランキング
みなさんの力を合わせて成功しましょう
株主・スタッフにハワイのコンドミニアムを
1000人の中国人プログラマー
BPOで世界が「フラット」に

ハノイより
MLOS | BPOの旅 | 15:08 | comments(0) | trackbacks(0)

ローカルフード −BPOの旅−

ホビロンを購入するゴリ雑食を自負するゴリはなんでも食べます。
路上で販売されている見たこともないようなローカルフードでも、片言のベトナム語と身振り手振りで交渉し、なんでも口に入れてみせます。




例えば、孵化直前のアヒルの卵を茹でた珍味ホビロン(hột vịt lộn)に挑戦です。
見た目がかなりグロテスクなため、食欲をそそるとは決して思えないですが、「うまそう」とかぶりつくゴリ。
孵化直前のアヒルの卵を茹でたホビロンホビロンにかぶりつくゴリ








ゴリ曰く「コリコリしてうまいっすね」とのこと。

続いて、犬肉入りのフォーにも挑戦。
犬肉入りのフォー屋台で隣り合わせたベトナム人と意気投合






「ふつうにうまいっすね」とこちらもガツガツと食べだすゴリ。
しかも、隣り合わせたベトナム人と意気投合。

少しづつ現地に溶け込み始めたゴリですが、このままハノイに置いていってあげた方が本人にとって幸せなのではないかと思い始めています。


起業家ブログ人気blogランキング
みなさんの力を合わせて成功しましょう
株主・スタッフにハワイのコンドミニアムを
1000人の中国人プログラマー
BPOで世界が「フラット」に

タイ湖を眺めながら
MLOS | BPOの旅 | 21:08 | comments(0) | trackbacks(3)

世界を駆けるビジネスマン −BPOの旅−

自転車でハノイを駆け抜けるゴリハノイ滞在中、少しでも現地の雰囲気を感じ取ろうというゴリの提案で、移動は全てなんと自転車です。

気温37℃、湿度100パーセント、直射日光降りそそぐハノイ市内、カバンとスーツの上着を自転車のかごに押し込み、裾をたくし上げ、地図を片手に西へ東へと自転車で駆け巡ります。

ハノイの交通事情はこれでもかというくらいバイクが多く、かなり無秩序な交通状態です。
バイクで溢れるハノイの車道信号は平気で無視、逆走してくる車両も多数と、アジアの国々に慣れていない人であれば、道を渡るのさえ怖いと思います。
そんな中、ゴリは現地人のバイク、自転車を押しのけ、グイグイと突き進んでいきます。
さすが甲子園に出場してるだけあり、かなりの運動神経です。



炎天下の中スイスイと進んでいきます地図を確認するゴリ








途中、ベトナム人がよくかぶっている帽子を市場でゲット。
これで直射日光を回避できます。
さらに、ゴリは道中、着ていたシャツを脱ぎだし、訪問先の会社の前に到着してから、シャツと上着を着るという方法に辿りつきます。
移動中はシャツを脱ぐことに片言のベトナム語で道を尋ねるゴリ








ハノイに到着して以来、毎日20キロ以上を自転車で移動していますが、脱水症状を起こしそうなくらい汗が噴出してきます。

自転車を利用することにより、チャーターした車やタクシーでは見落としてしまうであろう、様々な気付きがあります。こういった気付きが案外、ビジネスを成功へと導いてくれたりするのではないでしょうか。

ゴリはまだまだハノイを、世界を駆け巡ります。


※旅行でハノイを訪問される方、交通状態を考えると自転車に乗るのはあまりお勧めできません。

炎天下の中、MLOSもゴリと並走しました起業家ブログ人気blogランキング
みなさんの力を合わせて成功しましょう
株主・スタッフにハワイのコンドミニアムを
1000人の中国人プログラマー
BPOで世界が「フラット」に

一応、MLOSもゴリに導かれ自転車で並走しています。

きっと、東京に戻る頃にはかなり痩せてそうです。

排気ガスと埃に包まれたハノイより
MLOS | BPOの旅 | 23:27 | comments(0) | trackbacks(4)